ニューバンビーノ幼稚園はバンコクでの幼稚園入園の第一候補!

娘の幼稚園探しをスタートしたはな乃が入園候補の一つ!としてあげていたニューバンビーノ幼稚園に見学に行ってきたので、園内の様子と感想をご紹介していきたいと思います!

f:id:haaanaaa_0524:20180628221915j:image

 

アクセス

ソイ49を進んでいき、サミティベート病院をこえた先にあります。

 

今回はソイ39のパクソイからシーローに乗って向かいましたが、有名な幼稚園なので、シーローのおじさんに「ソイ49のニューバンビーノ」と伝えればすぐに理解してくれました。

見学予約

見学は事前予約必須となります。

ニューバンビーノ幼稚園HPはこちら▶︎New Bambino International Kindergarten

 

また、見学の際には両親のパスポートのコピーと主人の会社の名刺も持参必須となります。

 

多くの子供達を預かっているので、安全面を考慮してという事でした。見学の際は忘れずに持っていきましょう!

実際に幼稚園を見学!

まず、園内を見学する前にオフィスでニューバンビーノ幼稚園について職員の方が詳しく説明してくれます。

これだけで安心感が違います!そして、職員の方の雰囲気もとっても良くて自然と期待値も高まります!

 

見学の際は時間を取り、詳しく説明してくれるのでここでは簡単にポイントだけ触れておきます。

教育方針

私がニューバンビーノ幼稚園で特に素敵だなと思った教育方針

  • ひとり一人の個性を尊重してその子らしい歩みを実現していくプロセスを大切にする
  • おおらかに のびのびと たくましい子に
  • 思いやりのある子に

 

私が考えていた育児の方向性にピッタリ!なんていうと大げさかもしれませんがε-(´∀`; )

我が家は『のびのびと娘らしく!』が教育方針なので、ここにはとっても共感が持てました。

1日のながれ

8時〜9時▶︎順次登園・視診・朝の自由遊び

9時30分▶︎朝の会・製作活動・課題活動・外遊び

12時▶︎昼食・自由遊び

13時30分▶︎帰りの会

14時▶︎降園

これが大まかな1日の流れになりますが、年齢によってお昼寝が入ったりなど内容は変わります。

 

ただ、眠くない子を無理矢理寝かせるなどはしていないそうで、その場合は別で遊ばせてあげるなど、臨機応変に対応してくれるそう! 

 

その他詳しい内容は見学時に貰えるパンフレットに記載されていますが、パンフレットも参考のため載せておきます。

f:id:haaanaaa_0524:20180628234133j:image

保育時間

月・水・木・金:8時〜14時

火      :8時〜14時(課外教室に参加しない園児は11時40分降園)

料金

入園金:28,000バーツ

AIA保険料:564バーツ

保育料

最年少以上:16,500バーツ

最々年少で午後保育選択:16,500バーツ

最々年少で午前保育のみ:16,000バーツ

給食代:2,300バーツ

バス利用:3,800バーツ

その他:諸経費

 

詳しくは案内時に貰えるパンフレットに記載されていますが、こちらが簡単な料金になります。

 

ちなみにニューバンビーノ幼稚園では一時預かりや週3日保育などはしていません。

 

通うとしたら、いきなり週5日か〜とも思いましたが、その方が子供も早く環境に慣れて良いのかもしれません!きっと親の方が寂しいんですよねε-(´∀`; )

園内の様子

では!ここからは園内の様子をご紹介〜!

 

入り口には大きな木の門があり、外からでは中の様子は全く見えない造りになっています。

子供達が勝手に出ていく心配はないのと安全面を考えてもこれは安心!

f:id:haaanaaa_0524:20180628221924j:image

中に入る時には大きな木の門に取り付けられているインターホンを鳴らすと中から職員の方が出てきてくれるので、見学に来た事を伝えると中に入れてもらえました。

 

中に入るとアンパンマンの可愛い絵がお出迎え
f:id:haaanaaa_0524:20180628221919j:image

中に入ると子供達が喜びそうな可愛い絵と花や緑が見え、気持ちが安らぐ〜!

そこから先に進むと、大きな広い園庭が見えてきました。想像していたより大きくてビックリ!

広い芝生と奥には遊具
f:id:haaanaaa_0524:20180628221930j:image

上に緑の日よけが設置してあるので、大雨の日でなければ、多少の雨でも外で遊ぶ事が出来るそうです。

また、この日よけがある事でバンコクの暑季も外で遊ぶ事が出来るのは高ポイント!

 

見学に訪れたのが七夕前だったので、大きな笹の葉も準備されていました。

f:id:haaanaaa_0524:20180628221934j:image

 

ここからは校舎の中の様子をご紹介していきたいと思うのですが、当日はもちろん園児達もいたので、校舎内の写真は一切撮っていません!

実際に見学した私の感想だけでご紹介していきたいと思います(´∀`*)

 

園庭の奥にはバス乗り場があり、バス送迎の子供達は園内で乗り降りをします。

ちなみにこのバスは送迎時以外は園外に出ているので、この駐車スペースも子供達が遊ぶ場所として使う事が出来るそうです。

 

次に教室!

教室は全て同じ造りになっていて、奥には手洗い場と両サイドにはお手洗いがあります。

「1人1人にしっかりとしたロッカーがあるんだな〜。」

なんて考えていると、案内してくれた職員の方が

「自分で着替える事はもちろん!物の管理もしっかりと出来る様になりますよ!」

と教えてくれ、娘がこの教室に通う姿を想像してしまいました。

 

建物は3階建てになっていて

1階▶︎園庭・職員室・最年少と最々年少の教室

2階▶︎年中・年長の教室

3階▶︎プール・屋外施設

と分かれています。

 

3階にあるプールの深さは大人の腰ほどの深さになっているので、娘の様に最々年少のクラスの子達は家庭用プールの大きいバージョンのプールに入る事になります。

そしてこのプール!塩素などは一切使っておらず塩を利用したソルトウォーターだそうです。

 

他にもお誕生日会などが行われる大きなホールや音楽室がありましたが、園内は本当に広くて綺麗!

感想

今回も個人的にまとめたニューバンビーノ幼稚園の感想がこちら!

メリット

  • 園内が広くて綺麗
  • 働いている先生の雰囲気がどの先生もとても良い
  • 我が家の教育方針と一致しているので、家庭と幼稚園のギャップがない
  • 授業内容や今後大きくなった時に参加出来る課外授業が魅力的
  • 引っ越し先の家と近くなるので、送迎が楽

デメリット

  • いきなり週5日保育になるので、親の私の方が寂しい

 

我が家は主人と一致でこちらの幼稚園に対するデメリットはほとんどありませんでした。

最後に

今回、幼稚園の第一候補にあげていたニューバンビーノ幼稚園。

第一候補だったので、主人にも時間を合わせて一緒に幼稚園見学に行ってもらいましたが、私の中では今のところ変わらず第一候補!

 

広い園庭では学年の違う子と交流する機会もあるので、自然と下の子に優しくする気持ちが成長したり、のびのびとした教育方針にも好印象。.:*☆

 

後数箇所、候補の幼稚園があるので見学に行き、娘にとって1番良い環境を見つけてあげたいと思います。

施設情報

ニューバンビーノ幼稚園

住所:スクンビットソイ49

電話番号:02-712-6241

WEBhttp://newbambino.ac.th

 

お読み頂きありがとうございました。

【スポンサーリンク】