雪国出身ママが常夏のバンコクへ

世界遺産&歴史マニアの主婦がバンコク情報や子育て経験・旅行体験記などを紹介

バンコクにある幼児教育教室ジンボリー(Gymboree)のトライアルレッスンに参加!

前々から気になっていたGymboree(ジンボリー)のトライアルレッスンにやーーーっと行って来ました!

いざ行こうと思っても腰が重くて意外と先延ばしにしちゃいました(´∀`; )

 

ちなみにこのトライアルレッスンは必ず夫婦一緒にというのが参加条件。保護者がお互いに同意・納得した上で通って欲しいからだそうです。

 

アクセス

スクンビットソイ39からソイ49に抜ける道(soi Phrom Si 1)にあるラケットクラブ第3ビルの3階にあります。

ラケットクラブに着くと大きな看板が見えてくるので、中に入りエレベーターで3階へ。

f:id:haaanaaa_0524:20180128080156j:image

ジンボリーとは

ところでジンボリーって何だろう?という事で少し調べてみました。

0歳から始める幼児教育

遊びと学びを組み合わせたカリキュラムで、問題解決学習や物語の読み聞かせなど、7つのレベルで子どもの習得レベルに合わせて学びます。

「Music(ミュージック)」では、音楽を通じて、楽器や踊り、音、リズム、メロディーなどを体感、こころと身体のつながりを刺激します。また、各国語の歌を取り入れているのも特徴です。

「Art(アート)」のクラスでは、ねんどや絵画を通して、創造性や表現力、とくに自分の気持ちや考えていることをカタチにする、ということを学びます。

さまざまなアクティビティを通し、子どもの興味や能力を育むプログラムが人気のジンボリー。多くの保護者が通う理由は、「親も学べる」という点にあります。

幼児教室に通わせてはいるけれど、家に帰ってきたら、何を学んできたのかさっぱり。そんな状態を避けるため、ジンボリーでは保護者も子どもと一緒にクラスを体験します。

先生の教えている内容、教え方を親も体験する。そして、家に帰って実践してみる。子どもにとっても、親にとっても学びの場になっています。

 

なるほど〜。確かに子供だけじゃなく、親も一緒に学べ、子供に伝える事が出来るというのは良さそう!

施設内

ここらは施設内紹介!

 

エレベーターで3階に上がると受付が見えて来ますので、手前で靴を脱ぎ中に入ります。

f:id:haaanaaa_0524:20180128081029j:image

受付スペースは外からでも見れるガラス張り

受付横の待合スペースにはソファーやおもちゃが並べられていて、ここでレッスン時間まで待つ事や食事をとる事も出来ます。

 

ちなみにここのスペースはジンボリーメンバーになればいつでも利用可能だそう。f:id:haaanaaa_0524:20180128080807j:image

椅子に座り、ブロックで遊べる場所

f:id:haaanaaa_0524:20180128080652j:image

ソファー席も広々

f:id:haaanaaa_0524:20180128080711j:image

おままごとセットや子供が好きそうな秘密基地風のおもちゃ

 

ここからは実際にレッスンが行われる教室をご紹介!

Play&Learnクラスが行われる教室

f:id:haaanaaa_0524:20180128080559j:image

f:id:haaanaaa_0524:20180128080532j:image

2週間に一度内容が変わるジム

2週間に一度、ジムの内容を変え、毎回子供達が新しいものに挑戦出来る様にしているのだそう。

確かにすぐに飽きちゃう子供もいるのでこれは良さそうです! 

 

ちなみにジンボリーメンバーになるとここのジムが

火曜〜金曜:12時〜12時45分

土曜・日曜:16時〜16時45分

は使えるとのこと!

 

Artクラスが行われる教室

f:id:haaanaaa_0524:20180128080415j:image

f:id:haaanaaa_0524:20180128080402j:image

実際に生徒さんが作られた作品

こんな事まで出来る様になると母は本当に感動してしまいそうです。

その他にはMusicクラスが行われる教室も準備されていました。

 

施設内にはオムツ替え台も用意されていたので、子供のオムツの心配もなしです。

f:id:haaanaaa_0524:20180128080243j:image

クラス・料金について

クラス分けの一覧

f:id:haaanaaa_0524:20180130092423j:image

クラスがある時間帯はその時によって変わる可能性があるので載せませんが、どのクラスもほぼ毎日開催されていたので、通う日にちは広く選べそうでした。

 

また月齢に合わせて細かくクラス分けされていて、その月齢に合わせたプログラムがしっかりと組まれている印象です。

料金

これもプロモーション等があると思うので参考までに・・・

 

108回チケット

:入会金4,500バーツ・チケット代68,850バーツ

66回チケット

:入会金4,800バーツ・チケット代44,880バーツ

44回チケット

:入会金4,800バーツ・チケット代31,790バーツ

33回チケット

:入会金4,800バーツ・チケット代26,648バーツ

12回チケット

:入会金6,000バーツ・チケット代10,200バーツ

 

後は購入するチケット枚数によって、期限やプレイジムを利用出来る回数などが変わります。

実際にトライアルを体験してみた感想

トライアルといっても実際に何かのクラスに参加するわけではありません。(←事前に質問していなかったのがいけなかったのですが、レッスンに参加出来るものと勘違いしていました。)

トライアルの流れ

はじめにフロントでどの様なクラスがあるのか?何ヶ月からなのか?などジンボリーについて詳しく説明してくれました。

 

ちなみにジンボリーでは全て英語になります。我が家は主人が話せるので、私が上手く話せなくても問題ありませんでしたが、私だけでは上手く質問するのも難しかったです。

 

その後、施設内の説明を受け、実際にレッスンを受けている様子を外から見る事が出来ました。

この時、娘はフロント横にあるスペースで遊んでいてくれ、スタッフの方も見ていてくれたので、私達はジンボリー見学に集中!

 

レッスンが終わると、案内してくれたスタッフの方が実際の教室でレッスンの流れを教えてくれたり、プレイスペースにあるジムで娘を試しに遊ばせてくれたりしました。

感想

実際にトライアルを受けて感じたメリットとデメリットがこちら

メリット

  • 英語を身近で聞く機会がある
  • 多国籍の子供と早い段階で関わる機会がある(現在は50%がタイ人で残り50%は日本人やファランだそうですが、50%の中でも日本人は多い様です。)
  • 幼児教育のプロが教えてくれる安心感
  • 施設内の遊びが利用可能なので遊び場に困った時に活躍しそうな予感
  • スタッフの雰囲気が良い

デメリット

  • 費用が安くはない
  • 英語に苦手意識があると通うのが苦痛になりそう
  • 子供によって合う・合わないはありそうで合わないとチケット代が・・・ 

 

個人的には通うメリットの方が大きい様に感じました。

最後に

タイ・バンコクでは子供の習い事の数が本当に多く、どこで何をさせるか本当に悩みます。

 

後は娘にとって何が良いのか?その時その時で見極めながら、色々な事に挑戦させてあげたいと思います。.:*☆

施設情報

ジンボリー

住所:ソイ49のラケットクラブ3階

電話番号:02-018-7888

営業時間:8時30分〜17時30分

定休日:月曜日

FB:GymboreeThailand

 

お読み頂きありがとうございました。

【スポンサーリンク】