雪国出身ママが常夏のバンコクへ

世界遺産&歴史マニアの主婦がバンコク情報や子育て経験・旅行体験記などを紹介

駐在期間中のスキルアップの為の資格取得について具体的に考えてみた

先日記事にした主人の駐在期間中に何が出来る?バンコク駐在期間も3年目に突入したので改めて考えてみたで宣言した資格取得という目標!

主人も応援はしてくれましたが、何かやりたい時に我が家で必要となってくるのがプレゼン大会!(←え?仕事みたい?)コンサルタント出身の主人と管理職経験者の私達夫婦の中で何かやりたい時には待っているプレゼン大会。相手に具体的な未来像を示す習慣。

内心はめんどくさいと思いつつ(笑)そこはしっかりとやりますよ〜!

という事で今回も資格取得とその後についてちょっと考えてみようと思います。良ければお付き合いを〜。

プリザーブドフラワーとは?

そもそもプリザーブドフラワーって何?というところからまず調べてみました。

  • 生花の1番美しい時期に色素を抜き取り、特殊な液体につけ、加工する事で、より長く綺麗な状態を楽しめる様になっている花
  • 保存期間は5年〜10年と長く花を楽しめる事が特徴
  • 造花とは違い、生花や葉を加工する為、瑞々しさがあり、見た目の印象も加工前の状態に近い
  • 特殊な染料が用いられている為、生花では出しづらい、ダークブルーやスカイブルーがあるのも特徴

なるほど〜。プレゼントなどでプリザーブドフワラーが選ばれる理由もよくわかります。生花ももちろん素敵ですが、手間いらずで長く楽しめるのは魅力の一つですね。

f:id:haaanaaa_0524:20180304141427j:plain

他の花との違いは?

ここで気になるのが他の花と何が違うの?という事。

ドライフラワー

ドライフラワーは花を完全に乾燥させるので、壊れやすく触り心地もカサカサしているのが特徴。

作った事がなかったので気にはなっていましたが、このサイトがとってもわかりやすかったので、今度作ってみようかな〜。

アーティシャルフラワー

アーティシャルフラワーとは本物の生花に似せて作られた造花で紙・布・ポリエステルなどで作られているのが特徴。

近年、注目も集まってきているそう!体験レッスンでもアーティシャルフラワーを使わせてもらいました!本当に本物の花みたいで驚き。 

       

何故、資格が必要?

ちょっと話がそれてしまいましたが、何で資格が必要なのか?についてちょっと考えてみました。

確かに趣味の範囲でお花を習うのも楽しいですが、私にとってはそれはやっぱり趣味でしかなくて、次に繋げようと思っても中々繋がりません。でも!資格があれば、教室を開く事も作品を販売する事も出来、自分にとって一生の財産になる気がする!(←あ。ちょっとあつくなってしまった・・・。)

まぁ要はやるならトコトンという事です。

プリザーブドフラワーの資格って?

私はバンコクでプリザーブドフラワーの資格が取れるという事が第一だったので、フラワーエデュケーションジャパン・アソシエーション(FEJ)のプリザーブドフラワーの資格を取得しようと思いましたが、調べて見るとたくさんの種類があるんですね!

資格

株式会社ヨーロピアンフラワーデザイン連盟

日本プリザーブドフラワー協会

フラワーデコレーター協会

などがヒットしましたが、他にもありそうですね。

どの資格も教室が開けるなどは一致してそうなので、通いやすい場所や授業内容の比較で決めるのかな。

f:id:haaanaaa_0524:20180304141551j:plain

フラワーエデュケーションジャパン・アソシエーション(FEJ)とは?

次は、私が通おうとしているFEJについて調査!ちなみに宣伝では全くないので、主人へのプレゼン資料だと思ってさらっと流して下さいε-(´∀`; )

FEJに通うメリット

  • 販売登録デザイナーになれば全国百貨店での販売会に参加が可能
  • 資格取得後は花材卸2社との契約が可能
  • 教室開講・販売活動のバックアップ体制が整っている

調べているとこの3つが大きな特徴かなと思いました。資格を取得したらそれで終わり!というわけではなく、その後の横の繋がりを大切にしているところも大きな魅力の一つです。

資格試験は3月・7月・11月にあり、その試験までに8単位の勉強をし、技術を習得するそうです。家での自主練ももちろん必須ですが、資格合格まで全面バックアップしてくれそう!

最後に

今回の資格取得は自分のスキルアップが第一の目標なので、ブレない様に家庭とのバランスを考えて頑張らねば。.:*☆資格取得後、やりたい事も少しずつ明確になって来たので、勉強しながら少しずつ近付けていければ良いかな〜。

f:id:haaanaaa_0524:20180304142558j:plain

お読み頂きありがとうございました。

【スポンサーリンク】