雪国出身ママが常夏のバンコクへ

世界遺産&歴史マニアの主婦がバンコク情報や子育て経験・旅行体験記などを紹介

オイスカインターナショナル幼稚園でBANBI主催のプレイグループに参加&DayCare部を見学

先日、BAMBI主催のプレイグループでエカマイソイ4にあるオイスカインターナショナル幼稚園に行って来ました。

そのプレイグループのついでに!DayCare部について園長先生から少しだけ話を聞く事が出来たので、紹介していきたいと思います!

 

そして、この園長先生の話やすさったら!一気にオイスカ幼稚園が気に入ってしまった私〜(´∀`*)

f:id:haaanaaa_0524:20180225040108j:image

 

アクセス

エカマイソイ4に入り、少し歩くとオイスカ幼稚園が見えて来ます。

BTSエカマイ駅からも歩ける距離ですが、今回はBTSトンロー駅での待ち合わせだったので、友人とタクシーで直接向かいました。

 

ちなみに今後、オイスカ幼稚園はエカマイからプラカノンに移動し、新しい場所で新校舎となるそうです!

新校舎で学べるなんて羨ましい!

プロンポンエリアからは距離がありますが、別料金でバスの送迎もあるので、自宅からの距離は特に問題ないかなと思いました。

屋外施設

幼稚園の入り口を入るとすぐに中庭が見えて来ます。

ここは幼稚園の子供達はもちろんDayCare部に通っている子供達も使えるので、バンコクでは貴重な外遊びを経験させてあげる事が出来そうです。

 

ただ、この日は残念ながら朝に雨も降っていたのでこの場所で遊ばせてあげる事は出来ませんでした。

f:id:haaanaaa_0524:20180225040201j:image

f:id:haaanaaa_0524:20180225040243j:image

そのかわりにDayCare部の前にある砂場で遊ぶ時間がありました!

この砂場の上には屋根があるので、朝降った雨の影響もなく娘は初めての砂遊びを体験。

 

砂を食べるんじゃないかとヒヤヒヤしながら見ていましたが、意外と?!食べずにちゃんと遊んでいました。

f:id:haaanaaa_0524:20180225040217j:image

DayCare部の子供達が遊べる砂場

先生の人数も子供2人〜3人に対して1人の先生が見てくれていたので、目が行き届いている感じも伝わって来ました。

 

そして砂遊びが終わった後はすぐにお着替え&オムツ替えの時間があったので、これならどれだけ砂で汚れても安心です。

 

       

 

屋内施設

では!ここからは屋内施設をご紹介〜!

 

DayCare部・幼稚園インター部・幼稚園日本語部は同じ敷地内にはありますが、建物は全く別に建てられています。

 

DayCare部が使用している建物は一軒家を改装して建てられた建物なので、2階建の造りになっていました。

だからお家感というか安心感があるのか〜と妙に納得。

 

入り口から入るとすぐに目に入るカラフルなジョイントマット

f:id:haaanaaa_0524:20180225040350j:image

ボールプールやジャングルジム 

f:id:haaanaaa_0524:20180225040423j:image

知育系のオモチャやぬいぐるみ

f:id:haaanaaa_0524:20180225040444j:image

先生の授業で使うオモチャなど

f:id:haaanaaa_0524:20180225040503j:image

BAMBI主催のプレイグループはDayCare部の子供達と同じプログラムで遊べるので、カリキュラムもしっかりしていて内容も盛り沢山!

「こんな事も出来るの?」

「こういう事が好きなの?」

と娘の新しい発見も沢山あり、DayCare部に通った時の娘の姿を想像してしまいました。

その他

オイスカ幼稚園のDayCare部の施設は先程も書いた様に一軒家を改装した建物なので、 遊ぶ場所・食事をとる場所・寝る場所がきっちり分けられていました。

 

私はその辺りはきっちり分けたい派なので、これはかなり高ポイントでした!

可愛いイスとテーブルが用意された食事部屋

f:id:haaanaaa_0524:20180225040552j:image

横にはキッチンも完備

f:id:haaanaaa_0524:20180225040610j:image

子供達が寝ていたので、写真は撮っていませんが、2階は寝る専用の部屋になっていました。

 

添い寝をしないと寝ない娘なので、ここで寝れるのか?!とちょっと心配になりましたが・・・どの子も眠れる様になるそうです。

インター幼稚園の建物 

BAMBIの子供達はDayCare部の子供達とスナックタイムは別の場所になります。

 

この日はインター幼稚園内の4歳?ぐらいの子供達と同じ部屋でのスナックタイムでした。

バナナ・ビスケット・ツナ

f:id:haaanaaa_0524:20180225040646j:image

写真には写っていませんが、牛乳も用意されていました。娘はツナは嫌だった様で、イヤイヤと首を振り食べてはくれませんでしたが・・・。残念。

 

スナックタイムの後は部屋を移動し、お絵描きや知育オモチャで遊ぶ時間です。

絵の具を使ったお絵描き 

f:id:haaanaaa_0524:20180225040806j:image

絵の具を使わせたのなんてもちろん初めて!家では絶対にやらない遊びなので、体験させてくれるのは有り難いですが、1歳を過ぎたばかりの娘にはまだ早かった様で早速洋服が1枚ダメになりましたε-(´∀`; )

でも娘も楽しかった様だし、娘の初めてのお絵かきも貰えたし、母としては大満足です!

 

ちょうど遊んでいた部屋がインター部の2歳の子供達が遊ぶ部屋だそうで、知育系のオモチャからお絵かきの道具、おままごとセットまで充実していました。

 

オイスカインター部では周りを囲う様にオモチャを置き、子供達が自分でオモチャを選び遊びながら学ぶ事を大切にしていると園長先生が話してくれました。

 

自分で考え、行動する事は本当に大切な事ですよね。

f:id:haaanaaa_0524:20180225040837j:image

f:id:haaanaaa_0524:20180225040908j:image

 

一歩外に出ると沢山の絵が飾ってありますが、廊下に飾ってある絵は全て子供達の共同作品だそうです。

どれもクオリティーが高い!

私、幼稚園の頃なんてこんなの絶対に出来なかったな〜。 この廊下の雰囲気も個人的には好きです。

f:id:haaanaaa_0524:20180225041029j:image

 

インター部は9月に期首がスタートするので、9月時点で2歳になっていればインター部に通う事が出来、この時点で2歳になっていなければDayCare部に通う事になります。

 

幼稚園入園前のプレスクールとしてDayCare部に入れると、インター部の子達と少しずつ混ざって学ぶ事も出来るそうです。

DayCare部のカリキュラムと料金

カリキュラムはかなりしっかりと組まれていて、時間もカリキュラム通りに進んでいました。

f:id:haaanaaa_0524:20180226021354j:image

BAMBIはランチ前までの時間を一緒に過ごします。

料金

その時によっても変わると思うのですが、参考までに載せておきます。

f:id:haaanaaa_0524:20180226021400j:image

スケジュール表やさらに詳しい冊子を頂く事が出来ましたが、当たり前ですが全て英語ー!

主人に頼りたい所ですがここは頑張って自分で読みたいと思います。

また何か追記出来る事があれば追記します。

f:id:haaanaaa_0524:20180226021410j:image

実際に体験し見学した感想

これからの幼稚園探しの為にDayCare部に通う事に対しての個人的な感想をまとめてみました。

メリット

  • DayCare部からインター部に上がる事が出来るので娘にとっても抵抗が無さそう
  • カリキュラムがしっかりしている
  • 生徒の人数に対し先生の人数も多いので、目が行き届いて安心
  • 広い園庭で遊ぶ事が出来る

デメリット

デメリットという程の事ではありませんが・・・

  • プラカノンに新校舎が建つとバス送迎になる可能性が高いのでバス代がかかってくる
  • 子供の様子を伝えてくれる日記が全て英語なので、私の低い語学力がネック

娘はインターに通わせる予定なので、私もそろそろ本格的に勉強しなければと思っていますが、中々。

最後に

娘も1歳を過ぎたので、そろそろと考えていたナーサリー&幼稚園見学が思わぬ形でスタートした今回のプレイグループ。

気になるナーサリー&幼稚園はいくつかピックアップしているので、そろそろ本格的に見学に行こうかと思い始めて来ました。

 

一時期は娘の強烈な後追いと人見知りを心配し、もう少し落ち着いてからなんて思っていましたが、今の娘の様子を見ていると入園しても何とかやって行けそうな様子で一安心(´∀`*)

 

いよいよか〜と思いつつなんだか寂しい気持ちもあります。でも!これで娘がまた一段階成長してくれるのが今から楽しみです。.:*☆

施設情報

オイスカインターナショナル幼稚園

住所:エカマイソイ4

電話番号:02-381-9852

WEBオイスカバンコク日本語幼稚園のホームページ

 

お読み頂きありがとうございました。

【スポンサーリンク】