雪国出身ママが常夏のバンコクへ

世界遺産&歴史マニアの主婦がバンコク情報や子育て経験・旅行体験記などを紹介

赤ちゃん連れでの特急サンダーバード乗車が思った以上に快適だった件

電車を使って大阪〜石川間を移動する場合、必ず使うのが『特急サンダーバード

娘とこの電車に乗るのは何だかんだ3回目。今回は赤ちゃん連れでサンダーバードに乗る時の座席の取り方や車内での過ごし方をご紹介していきたいと思います!

実は赤ちゃん連れに優しいサンダーバード

私、普段新幹線にはあまり乗らないので、新幹線事情はわかりませんが、サンダーバードには『多目的室』という赤ちゃん連れには神の様な場所が存在します。

f:id:haaanaaa_0524:20180106165637j:image

▲こちらがその神の部屋『多目的室』

多目的室は完全個室になっていて、授乳はもちろん!オムツ替えや服が汚れた場合の着替えをするも出来ます。ただ、オムツ替えはトイレでと気持ち的には思ってしまうかな。

また車両間にあるので、泣き声もそこまで気にならないのも有難いポイントです。

 

多目的室といっても赤ちゃん専用というわけではないので、急病の方や他に必要としている方がいれば使えない場合ももちろんあります。私は今まで使いたかった時に使えなかった事はないので、滅多な事はないかと思います。

       

赤ちゃん連れにオススメの車両

赤ちゃん連れの場合、オススメは4号車!5号車は自由席になるので、指定で取れる多目的室が1番近い車両が4号車です。

それも10列目以降(自由席車両に近い席)など出口に近い席が空いていれば、迷わず確保(*゚∀゚*)私は確か12A・12Bの1番後ろの席を取ったのですが、出口も近いし、コンセントもあるし、とても快適でした。

ちなみに!生後11ヶ月の娘でも子供料金を支払えばひと席確保する事が出来るので、その方が一緒に乗る赤ちゃんにも負担は少ないかなと思います。

f:id:haaanaaa_0524:20180106163055j:image

▲車両間の移動が出来ない車両もあるので、多目的室を利用する時には注意が必要です。

多目的室の使い方

多目的室には必ず鍵がかかっているので、使いたい時には車掌さんに声を掛ける必要があります。車掌さんは常に鍵を携帯しているので、声を掛ければいつでもあけてくれます。

私が声を掛けた時もとても優しい車掌さんで「ゆっくり使って下さいね。」と言われ、それだけで嬉しかったな〜。

 

▼こちらが多目的室の入り口

f:id:haaanaaa_0524:20180106165951j:image

入り口を入ると完全に個室になっています。鍵を掛ける事も出来るので、防犯の為にも必ず施錠しましょう!トイレ付近にあるので、間違えてあけられる可能性も・・・?

f:id:haaanaaa_0524:20180106163057j:image

使い終われば、電気を消し、鍵は開けたまま部屋を出て大丈夫です!車掌さんが後で閉めに来てくれます。

最後に

この部屋、居心地が良すぎてついつい長居したくなっちゃいますε-(´∀`; )でも他に使いたい方がいるかもしれないので、授乳・オムツ替えが終われば自分の席へGO!

私はこの部屋があるだけで、赤ちゃん連れの電車移動のハードルがかなり下がりました!その上に娘をあやしてると、車掌さんが毎回声を掛けてくれたり、シールをくれたりと本当に優しくて、気持ちにも自然と余裕が。.:*☆

大阪〜石川間の移動で赤ちゃん連れの際はぜひサンダーバードをご利用下さい!←なんだかJRの宣伝の様になってしまった(*゚∀゚*)

 

お読み頂きありがとうございました。

【スポンサーリンク】