雪国出身ママが常夏のバンコクへ

世界遺産&歴史マニアの主婦がバンコク情報や子育て経験・旅行体験記などを紹介

金沢駅から七尾駅まで花嫁のれん列車に乗車!車内は石川県の伝統芸能を感じる事が出来る空間

先日、日本に一時帰国した際に初めて石川県の金沢駅から和倉温泉駅まで運転している『花嫁のれん列車』に乗車しました。

この列車!予想以上の豪華な空間と丁寧な接客でとーーーっても満足の1時間を過ごす事が出来たので紹介していきたいと思います。.:*☆

f:id:haaanaaa_0524:20170927035847j:image

事前予約

花嫁のれん列車に乗車するには事前予約が必要です!

 

私はJRのサイト↓↓↓

七尾線観光列車 花嫁のれん:JRおでかけネット

から席の種類や発車時間などを調べた後に下記のサイト↓↓↓

花嫁のれん食事券│トクトクきっぷ:JRおでかけネット

に掲載されている電話番号に直接電話をかけ予約を行いました。

 

発車日も限られている上に人気もあるので、思い立って電話を掛けた段階ではボックス席は残り1席!!!

ギリギリでしたが、何とかボックス席で予約する事が出来ました。

乗車当日

当日は乗車時間の45分前にホームに到着!

 

列車に乗車する前に近江町市場で海鮮丼を食べていたので余裕を持って(持ち過ぎ?)早く着いたのですが、早めにホームに到着するとお得な事がたくさん!

 

さすがに出発の45分前に乗車する人はおらず・・・(電車はこの段階ですでにホームにいました。)列車内は貸切状態!の上に写真取り放題!!!

 スタッフの方にも写真を撮ってもらえ、とっても良い記念になりました(*゚∀゚*)

 

花嫁のれん列車は車内もとっても豪華で素敵なので、もし、お時間がある方は早めにホームに向かう事をオススメします。

列車外

外観は石川県の伝統芸能でもある輪島塗りや加賀友禅がイメージされていて、撮り鉄じゃなくても自然とテンションが上がります(´∀`*)

f:id:haaanaaa_0524:20170927035913j:image

またホームには実際の花嫁のれんも飾られていました。

列車内

花嫁のれん列車は1号車と2号車があります。

こちらは2号車の車内↓↓↓

f:id:haaanaaa_0524:20170927040246j:image

半個室の様な仕切りはありませんが、辺り一面金沢金箔が貼られていてとっても豪華!

ちなみに拡大するとこんな感じ↓↓↓

f:id:haaanaaa_0524:20170927050758j:image

 

1号車は半個室になっていて、それぞれ異なった友禅の壁紙の半個室が用意されていました↓↓↓

f:id:haaanaaa_0524:20170927044233j:image

こちらも早く乗車したおかげで写真に収める事が出来、とっても良い記念になりました。

 

本当はこちらの半個室を予約したかったのですが、予約するタイミングが遅く・・・残念ながら2号車しか空いていませんでした(。-∀-)

2号車も十分素敵でしたが、次こそは1号車に乗りたい!

 

また、車内のエントランススペースでは伝統工芸も展示されていました。 

f:id:haaanaaa_0524:20170927040645j:image

いよいよ出発

今回は金沢駅から七尾駅まで約1時間の列車旅。

 

出発してしばらくすると事前予約しておいた『スイーツセット』と『加賀棒茶』が席まで運ばれて来ました。

時間帯によっては食事を楽しむ事も出来ます。

 

こちらも事前予約(4日前まで)が必要となりますが、乗車しているほとんどの方が注文されていたので、花嫁のれん列車に乗車される際はぜひ!

f:id:haaanaaa_0524:20170927040341j:image

味はもちろん美味しいうえに!

このスイーツとは別で焼き菓子の詰め合わせもお土産として頂けました。

到着

1時間の列車旅はあっという間に終了。

f:id:haaanaaa_0524:20170927225946j:image

お天気も良く、車窓にはのどかな田園風景が広がっていました。

 

今回は終点の一つ手前の七尾駅で下車しましたが、七尾駅には花嫁のれん列車の到着に合わせて実際の『花嫁のれん』が飾られていました。

f:id:haaanaaa_0524:20170927040652j:image

最後に

この花嫁のれんは北陸地方の嫁入り道具となっており、私も結婚式の時にちょこっと使用した思い出の品(*´︶`*)

たった数年前の事なのに懐かしい。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

   

【スポンサーリンク】