バンコクで初めての海外生活〜新米ママ日記〜

世界遺産&歴史マニアの主婦がバンコク情報や子育て経験・旅行体験記などを紹介

生後7ヶ月の娘を連れて2人で飛行機に搭乗!飛行機搭乗時の持ち物について。

いよいよ待ちに待った一時帰国!

書きたいことは山程ありますが、正直何も追いついていません(・∀・)

日本に戻ってくるとやりたい事がありすぎる。バンコクでもこのくらい力を発揮しなければいけないんですけどね。

 

ということでまずはバンコクから日本への一時帰国時に機内へ持ち込んだ娘の持ち物について書いていきたいと思います!生後2ヶ月の一時帰国時にも書きましたが、やっぱり少し違いました。

 

ちなみに前回はタイ国際航空を利用し、今回はJALを利用しましたが、やっぱり日本の心配りってスゴイと改めて実感。

 

前回の一時帰国記事はこちら↓↓↓

日本へ一時帰国〜乳幼児を連れて飛行機に搭乗【事前準備編】〜 - バンコクで初めての海外生活〜新米ママ日記〜

タイ国際航空を利用してバンコクから日本へ一時帰国した前回。今回はJALを利用。 - バンコクで初めての海外生活〜新米ママ日記〜

 

では!

機内持ち物編!

f:id:haaanaaa_0524:20170830225344j:image

持ち物

持ち物は機内で足元に置けるように全て小さな鞄に入れて、予備や自分の荷物は全て大きな鞄に入れ、荷物棚に収納!

パスポート

これは書くまでもなく絶対に必要なものなので省きます(・∀・)

オムツ 8枚

私は国際線の後に国内線に乗り継ぎだったので、いつも必要なオムツの枚数に数枚プラスして機内に持ち込みました。

 

ただ今回利用したJALでは機内でオムツの用意があるのでここまで用意する必要は無かったかもしれません(。-∀-)

お尻拭き

これもオムツと合わせ必須!

 

ただいつもはオムツ替えシートもセットで持っていますが、今回は出来るだけ軽くしたかったので機内持ち込み荷物の中には入れませんでした。

着替え

これも汚した時用に着替えを1枚持ち込みました。

おしゃぶり

普段、おしゃぶりは使わない娘ですが、やっぱりおしゃぶりをすると落ち着くようで機内で中々寝れずグズグズした時には必須!

 

後はおしゃぶりだけだとすぐに下に落とす可能性があるので、おしゃぶりストラップも今回の飛行機に合わせて準備しました。

授乳ケープ

機内での授乳用にこちらも必須!

 

離陸時と着陸時は耳抜きのために授乳をすると良いと聞きますが、これタイミングが中々難しい!今まで娘は4度飛行機に乗っていますが、上手く合った時はなかったような気がします(笑)

お菓子&ティッシュ

生後7ヶ月を過ぎ、赤ちゃん用のお菓子も食べられるようになったので、今回は数日前から食べさせ、用意もしました(*゚∀゚*)

ただまだお菓子にそこまで興味がないので、食べるというよりは触って遊んでいた娘。

哺乳瓶&ミルク

これも心配性な私は念のため準備!

ここまで完母できてるので今さらいらないとは思いますが本当に念のため。

離乳食&スプーン

機内でも離乳食の準備はしてくれますが、食べない可能性があるので準備。

(機内食は事前予約が必要です。)

 

結局、バンコクから日本に戻る時の離乳食はバンコクの離乳食で娘には馴染みがなく、食べなかったのでこれは持って行って良かったです!

実際に機内で用意された離乳食↓↓↓

f:id:haaanaaa_0524:20170827211910j:image

水はマグマグに100mlだけ入れ、持ち込みましたが、バンコクから出国する時は特に検査はされませんでした。

 

日本で国内線に乗り継ぐ時に匂いをかがれただけなので、赤ちゃんの飲み物はそこまで気にしなくて良さそう。

オモチャ

これは今の時期1番大切でした!

今回の飛行機用に新しいオモチャも用意しましたが、新しいオモチャに対しての食いつきがかなり良かったので、起きている間は時間を潰す事が出来ました(*゚∀゚*) 

f:id:haaanaaa_0524:20170831090114j:image

左▶︎エンポリアムのオモチャ売り場で新しく購入

右▶︎IKEAで購入したお気に入りのオモチャ

最後に

国内線はあっという間ですがやっぱり国際線は緊張の連続。

 

2ヶ月の時と比べ、娘の体力もついて来ている分、機内で飽きない工夫が大切でした。

新しいオモチャ・お菓子は買っておいて良かったです(*゚∀゚*)

 

何度乗っても慣れない飛行機。

でも思っている以上に周りの方達が優しくて優しくて・・・本当に有り難かった〜!

 

お読み頂きありがとうございました。

 

     

【スポンサーリンク】