雪国出身ママが常夏のバンコクへ

世界遺産&歴史マニアの主婦がバンコク情報や子育て経験・旅行体験記などを紹介

『EMS(国際スピード郵便)』で日本からベビー用品が到着!エルエルビーンのマザーズバッグも届き、赤ちゃんを迎える準備開始!

実家から『EMS(国際スピード郵便)』で日本で購入したベビー用品が到着(*´꒳`*)

 

一時帰国の際に肌着や抱っこヒモなど日本でしか購入出来ない物をまずは買い揃え、バンコクに戻った時にバンコクで購入出来るベビー用品を物色。

(日本から送ると関税がかかるので、タイで購入した方がお得な物も。)

 

その後、足りない物は楽天市場で再度注文!

ネット注文し、日本から送って貰ったので二度手間ではありますが、やっぱり日本製品は安心╰(*´︶`*)╯

目次

日本からの郵送ではEMSを利用 

『EMS』は日本の郵便局から郵送出来、今回は1週間ほどでバンコクに到着!

 

バンコクの郵便局に荷物が届くとマンションの受付に

「荷物が届いたので受け取りに来て下さい。」的なニュアンスの通知が届き、BTSプラカノンにある郵便局へ。

(この時パスポートは必須!)

マンションに届いた通知を持って郵便局へ

中に入ると荷物を受け取る人と送る人が30人~40人近く待機。

 

ただ!荷物を送る人がほとんどなので、受け取りは意外とスムーズでした!

郵便局での受け取り方

最初に荷物の受け取り場所(入って左手に進むとあります。)へ行き、パスポートを見せ、サインを記入。

その後、受け取り料金の支払い手続きへ。

 

受け取る人と送る人は整理券の番号が違うので要注意!

(私達は間違えて送る人用の整理券を受け取っていて、スタッフに確認すると

「これで大丈夫!」

と言われましたが、何か違和感を感じもう一度確認するとやっぱり違う!この辺は適当ですね٩(๑`^´๑)۶)

 

番号を呼ばれ、受付で関税を払い、もう一度荷物の受取場所へ。

日本からの郵送代と関税

荷物は全部で約13キロあり、日本からの郵送代が約13000円。

バンコクの郵便局での受け取り料金が約1100バーツ(約3300円)。

 

日本でしか購入出来ない物や今回は『サニーマット』も送って貰ったので、郵送代はかかりましたが、しょうがない!

 

早速、赤ちゃんを迎える事が出来る部屋の準備を始めたいと思います♡

マザーズバッグも到着! 

今回送って貰った物の中に妹からのプレゼントが♡

『L.L.Beanのマザーズバッグ』↓↓↓

L.L.Bean エルエルビーン ボートアンドトートバッグ オープントップ Lサイズ(全5色)【TA112636 LARGE】 [並行輸入品]

リュックにしようか迷いましたが、普段の服装がリュックとは合わないかなと思い、こちらのバッグに。.:*☆

 

大きさを選べる事はもちろんですが、イニシャルの字体や入れたい文字も選べ、自分のオリジナルを作成する事が出来ます♡

f:id:haaanaaa_0524:20161209121122j:image

しっかりした生地ですが、とても軽い!

これなら赤ちゃんを抱っこしながら、荷物を持っても大丈夫そう!

かなりの量が入ります!

f:id:haaanaaa_0524:20161209135456j:image

それも!

チャックも付いています♡

海外では特に盗難も心配なのでチャックが付いているものは安心(´∀`*)

f:id:haaanaaa_0524:20161209121145j:image  

お読み頂きありがとうございました。

【スポンサーリンク】