雪国出身ママが常夏のバンコクへ

世界遺産&歴史マニアの主婦がバンコク情報や子育て経験・旅行体験記などを紹介

出産時のバースプランを自然分娩にするか無痛分娩にするか悩み中。いよいよバースプラン用紙の提出!

今日から12月

妊娠33週突入(*´꒳`*)

f:id:haaanaaa_0524:20161201171242p:image

来週には病院にバースプランも提出の予定。着々とその日が近付いて来ています。.:*☆

 

サミティベート病院のバースプラン用紙↓↓↓

f:id:haaanaaa_0524:20161201175326j:image

 私はまだ自然分娩にするか無痛分娩にするか悩み中

(状態によっては帝王切開も視野に入れなければいけませんが。)

周りの方達の話では無痛分娩を選んだ方が圧倒的!

 

・出産後の回復が早い

・産まれる時の痛みがほとんど無いので出産時の記憶が鮮明

などなど...無痛分娩を選択する理由は様々。

目次

病院による無痛分娩の料金の違い

バンコクで出産される方は主に

・サミティベート病院

・バムルンラード病院

・バンコク病院

に分かれます。

 

バムルンラード病院は無痛分娩の麻酔が『出産パッケージ』に含まれていて、サミティベート病院とバンコク病院は無痛分娩の麻酔が『オプション』

 

私はサミティベート病院で出産予定なので、無痛分娩の麻酔がオプション。

 

子宮が4センチ(だったかな?)開いた段階で麻酔を入れ、1回目の麻酔を入れて4時間たった後は時間経過ごとに料金がかかるシステム。

今、現在の不安な事 

ここで不安な事が!!!

ある程度の時間だと気にはなりませんが...

もし!中々産まれない場合に…麻酔の時間とお金を陣痛中の自分が気にしすぎないか不安!!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

気にする余裕など当日は無いと思いますし、中々産まれない場合は帝王切開になる様ですが、ケチな私は今から気にしてしまいます笑

 

主人は

「無痛にしたら?」と言ってくれますが、私が気になる。

 

自然分娩でバースプランを提出し、当日無痛分娩に途中で切り替える事も出来る様なので、もうしばらく悩みたいと思います(ㆀ˘・з・˘)

 

優柔不断。

最後に

先日、エカマイにある炭火焼 源に行って来ました♡

f:id:haaanaaa_0524:20161201174226j:image

日本人の方が経営なのかな?

お店は京都をイメージしているそうで、昔ながらの佇まい(´∀`*)

 

お店に入った時も

「いらっしゃいませ〜」と迎えてくれて...日本に帰りたくなりました...。

 

爪楊枝もこんな可愛い入れ物に♡

f:id:haaanaaa_0524:20161201174509j:image

バンコクは子連れOKのお店も多いですが、2人で楽しめるのは後少し。

今の内に2人で楽しめるだけ楽しみたいと思います!


にほんブログ村

【スポンサーリンク】