雪国出身ママが常夏のバンコクへ

世界遺産&歴史マニアの主婦がバンコク情報や子育て経験・旅行体験記などを紹介

ついに!最終目的地ガンジス川へ!【バラナシ】

前回の続き↓↓↓

haaanaaa-0524.hatenablog.com

 

ついに・・・

 
到着しました・・・
 
ガンジス川ーーー!!!

f:id:haaanaaa_0524:20161114181603j:plain

 
写真では伝えきれませんが・・・
なんというか・・・
何とも言えない迫力がありました。
 
目次

ガンジス川を渡る船の上で号泣

ガンジス川に着いた途端、船の近くにいたインド人から、
「船でガンジス川を案内スルヨー!」と言われ、値段を確認すると、
ガイドブックに載っていた金額の10倍!!!

f:id:haaanaaa_0524:20161114181828j:plain

 
私は主人に、
「騙されてるよ!やめよう!!」
とキッパリ伝えましたが、主人からは案の定・・・
「どっちにしても安いし、せっかくの記念やから乗ろうよ!」
 
Σ(・□・;)
 
Σ(・□・;)
 
Σ(・□・;)
 
私達の様な日本人がいるからダメなんだと思いました。
 
 
この船に乗る前にもガンジス川近くのお寺でインド人に
 
「ここにお金を置いて祈るよ♪(´ε` )」
 
と言われ、お金を少し置いてお寺を出ようとした瞬間に、そのインド人は自分のポケットにお金を入れていて・・・
その姿を見ていた私は、もう悔しい気持ちしかなく・・・
 
 
船に乗った瞬間、船の上で大泣き!!!
 
 
私が泣いてる所を一緒に船に乗っていたインド人が見て、急に慌てだし、主人に
「彼女は何に泣いてるんだ?! もしかして船が嫌なのか?!Σ(゚д゚lll」
とあたふた。
 
主人が私を慰めながら
「何でもないから大丈夫だよ!」
と話すが、インド人は終始あたふたしながら、私にガンジス川を丁寧に案内。
 
心の狭い私は、話も聞かず泣いたり、違う方向を向いたり。
(今思えば本当に子供ε-(´∀`; )はじめに値段交渉すれば良かっただけなんですけどね。)
 
 
その後、船は岸に到着し、大満足の主人と大泣きの私。
 
 
船着き場にいた他のインド人も私が泣いている姿を見て、
「女の子を泣かせてしまった!」と緊急ミーティング。
 
すぐにその場を離れたかった私は主人と一緒に歩き出そうとすると、インド人が追い掛けて来て、
「このお金返すよ!」
と多く払ったお金を持って来てくれました!
 
主人は受け取れないと、そのインド人と話していましたが、私がしっかり受け取りました|( ̄3 ̄)|

ガンジス川で出会った人たち 

意外と良い人達なのかもと少し気持ちが楽になり、ガンジス川沿いを歩いていると色々な人との出会い。
 
アクセサリー販売をしていた家族

f:id:haaanaaa_0524:20161114183148j:plain

主人と色違いで購入

f:id:haaanaaa_0524:20161114183238j:plain

 

お気に入りのカレー屋のおじさん
バラナシに滞在中何度通ったか。
本当に美味しいカレー屋さんでここはもう一度行きたいかな~♪

f:id:haaanaaa_0524:20161114183732j:plain

 
夜のガンジス川はまた違った雰囲気。

f:id:haaanaaa_0524:20161114183945j:plain

  
意外と悪くないのかも。
 
私にインドを楽しむ気持ちがあれば、また少し違った旅になったかもしれません。
 
今度もし行く機会があれば、また違った視点からインドを体験してみたいと思います。
 


にほんブログ村

 

【スポンサーリンク】